『黒染め』してると、なんで明るく染まらないのか知ってますか??? | THROW JOURNAL
お役立ち
『黒染め』してると、なんで明るく染まらないのか知ってますか???
Sep. 15. 2016 / 7495 Views

どうも。成田の美容師、新井です。



Makoto Arai

うっほ。 今日の撮影終了-!! うむ。課題を持たせてやった、今回の4件の撮影。 あとでデータ整理しながら反省しよう。 んでも良さげな感じがする!!! そして、、、 今日はこれから、ちょっと営業に。 どうしても今日に髪を染めたい!という常連のお客様から、LINE@にて連絡をいただいたので、カラーだけしにお店に行きます! 下の『LINE@』からのご連絡であれば、私と直接の連絡なので、こういった「どうしても」の場合に対応することができます。 とゆーわけなので、今からお客様の髪をキレイにしますぞ!! ではでは、いってきまーす!




夏が終わり、明るめのカラーを暗くする方も多くなる時期なのではないのでしょうか。


ただ、暗めのカラーをするのであれば、なにも気にされることはないのですが、皆さんご存知の本気で『』にするための、


『黒染め』






特に学生の方などにされることの多いカラーだと思いますが、大体の場合、『黒染め』をしたときや、その後に、



『黒染め』していると、「明るく」出来ないです。



ということを聞くことになります。



これ、


なんで『明るく』出来ないか知っていますか???





んでも、実際は出来ないこともないんですけどね。


ブリーチ】なら。




それっていうのは、すごく強い力であれば、『黒染め』に対してでも染めれるということです。




逆を返せば、強くないと明るく出来ないということで。



つまりのこと、


『黒染め』の黒い染料は、強い力でないと壊せないのです。



髪っていうのは、本来ならば透明です。


透明なストローのようなものです。


そしてその中に、『メラニン色素』という日本人でいえば黒の粒々みたいなものが詰まっていて、黒く見えるのです。




なので、髪を明るくするにはこの『メラニン色素』を減らして黒を薄めているのです。



で、その黒い部分が少なくなって、茶色なり黄色なりになっているところに、『メラニン色素』とは別の【黒の染料】を入れ込むのが『黒染め』なのです。




そしてここで大事なのが、


『メラニン色素』 = 『黒の染料』ではないということ。




メラニン色素』は普通のカラー剤でも壊せるくらいのものなのですが、『黒の染料』というのは、普通のカラー剤の力では壊せず、ブリーチが必要になってしまうのです。



なので、『黒染め』をしていると明るく出来ないわけなのです。



ここでもう一つ知っておいてほしいことが。



セルフでの黒染めダメ、絶対。【ブリーチでも落ちないんです。】



こちら。


美容室でする『黒染め』と、セルフでする『黒染め』には違いがあるということ。



これ、ホントに大事です。


是非一度ご覧になってくださいませ。


と、いったところで『なぜ、黒染めすると明るく出来ないのか。』



今後のカラーのご参考になれば幸いです。






そして『黒染め』でなくても、髪色を暗くすることは出来ます。



後々のことを考えた方法で、髪色をキレイにしていきましょう。



ではでは。



Makoto Arai

うっほ。 今日の撮影終了-!! うむ。課題を持たせてやった、今回の4件の撮影。 あとでデータ整理しながら反省しよう。 んでも良さげな感じがする!!! そして、、、 今日はこれから、ちょっと営業に。 どうしても今日に髪を染めたい!という常連のお客様から、LINE@にて連絡をいただいたので、カラーだけしにお店に行きます! 下の『LINE@』からのご連絡であれば、私と直接の連絡なので、こういった「どうしても」の場合に対応することができます。 とゆーわけなので、今からお客様の髪をキレイにしますぞ!! ではでは、いってきまーす!

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

新井 誠

Wiz 公津の杜店
新井 誠

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名Wiz 公津の杜店

取扱カラーファッションカラーのみ

URL