黒髪にヘナを使うとどうなるの? | THROW JOURNAL
noimage
その他
黒髪にヘナを使うとどうなるの?
Sep. 13. 2016 / 1948 Views

黒髪にヘナを使うとどうなるの?

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

今回は色々とあるカラーの種類の中からヘナについて書いてみたいと思います。
たまに聞かれるのですが
【ヘナって何?髪の毛にいいんでしょ?】

そんな曖昧な情報の方が多いので簡単に特徴を、説明してみます。

ヘナとは?

ヘナとはミソハギ科の植物で、その葉を乾燥させて粉末状にしたものを染料として使用した物です。
ヘナにはローソニアと言われるオレンジ色の色素成分が含まれています。
このローソニアが髪の主成分ケラチンに絡みつくため、髪をオレンジ系の色に染めることができます。
通常のカラーは染料を髪の内部に定着させるため、どうしても髪には負担がかかる事がありますが天然成分であるヘナは髪の表面をコーティングし、髪の保水力を高めてくれるのでトリートメント効果も期待できます。

これが傷まないと言われる理由ですね。

カラー効果があると言われるヘナですが、普通のカラーのように髪の色素そのものを明るくしたりする効果はないため、黒髪に使用してもあまり染まりません。
単にヘナの持つオレンジ系の色素成分が黒髪の上に乗るのでほぼ変化はわかりにくいかと思います。

もちろん髪が傷んでいたり髪の毛が細いと、場合によっては赤やオレンジ色に染まりますが、基本的には黒髪はあまり染まらないと思ってた方がいいです。

しかし、黒髪でもヘナがついているので、明るい場所では赤茶やオレンジに輝いて見える事もあります。

ですから少し色を変えたいとかにはあまり効果は得られないので通常のカラーを選ばれる方が良いですね。

以上ヘナと通常のカラーの違いでした。

  • twitter
  • facebook
noimage

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL