【カラーの褪色を防ぐ!】日焼け止めは何時間おきにつけるのか効果的なの?! | THROW JOURNAL
お役立ち
【カラーの褪色を防ぐ!】日焼け止めは何時間おきにつけるのか効果的なの?!
Jul. 20. 2016 / 101 Views

【カラーの褪色を防ぐ!】日焼け止めは何時間おきにつけるのか効果的なの?!

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

夏になると紫外線のダメージでのカラーの色落ちが気になりますよね。

そんな紫外線対策として日傘や帽子などで防ぐと言うのがあると思います。

でもそれだけでは足りないのでお肌同様に髪の毛に日焼け止めスプレーを振るのも有効です。

お肌同様のケアをする事は大事です。

しかしその日焼け止めは何時間有効なのでしょうか?

日焼け止めは何時間有効?

日焼け止め有効時間は基本SPFをみたらわかります。

例えばSPF20の日焼け止めなら

日焼けして赤くなるまでの時間を約20倍伸ばせるという事です。

10分ぐらいで日焼けして赤くなると言う人なら10×20で200分は日焼けしにくくなっていると言う計算になります。

PAとは?

そして日焼けに書いているPAとはシワやたるみの原因となるUV-Aの防止効果を表すものです。
PAは“+”の数でUV-Aの防止効果を表しています。

短時間の買い物やお散歩の場合は++
天気が良い日の屋外レジャーや、海やプールで遊ぶときは+++以上のものを選ぶと安心です。

ではSPF50でPA+++以上の物ならつけなおさなくても良い?

ではSpf50でPA+++以上なら1度付けたら付け直しをしなくても良いかと言うとそうではありません。
単純計算では持続力は上がってますが、実際は汗などをかき取れてしまったりしています。

外出時はやはり2.3時間に一度は塗り直すのが安心かと思います。

また、SPFが高い日焼けは髪の毛につけても残りやすい特徴もあるので夜はシッカリと髪の毛を洗ってあげてくださいね。
紫外線を如何に防ぐかが綺麗なカラーを保つ秘訣にもなりますので、是非気をつけてみて下さいね。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL