カラー毛に悪影響を与えない為の正しいリンスの仕方 | THROW JOURNAL
PICK UP
カラー毛に悪影響を与えない為の正しいリンスの仕方
Jun. 21. 2016 / 235 Views

カラー毛に悪影響を与えない為の正しいリンスの仕方

こんにちは。大阪のトレンザのイワタです。

今日は以外と間違った使い方をされている方の多いリンス(トリートメント)について話そうかと思います。

そのリンスが髪の毛をダメにしている!?

カラーをしている髪の毛にはどうしてもリンスや、トリートメントと言われるモノが必要になってきます。

使わないと指通りが悪くなったり、ツヤ感が失われカラーも綺麗に見えなかったりしますよね

そんなリンスですが、付け方を間違っていると逆に頭皮トラブルを、ひき起し髪の毛に悪影響を与えます。

頭皮には、絶対につけない

つい根元からリンスをつけてしまいそうになりますが毛先中心にして根元につけるのは避けて下さい。

根元につけると油分が毛穴を詰まらせ髪の毛に悪影響を与えてしまいます。

毛穴が詰まると髪の毛は細くなりカラーの入り方にも影響を与えます。

ですからリンス、トリートメントは根元につけないで、出来たらつける前は髪の毛の水分を少しとり、毛先からつけて下さい。

そして最後にしっかりとすすぐのもお忘れなく。

正しい使い方をしてカラー毛にツヤを与えて見て下さいね。

  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

岩田 考司

HAIRトレンザINTERNATIONAL
岩田 考司

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名HAIRトレンザINTERNATIONAL

取扱カラーすべてのカラー

URL