くせ毛を少なくするためにオススメしたい4つの生活習慣  | THROW JOURNAL
PICK UP
くせ毛を少なくするためにオススメしたい4つの生活習慣 
Jun. 20. 2016 / 742 Views

こんにちは。

Tree Hair Salonの藤田です。

徐々にくせ毛の方が憂鬱になる季節になってきましたね。

考える
今日はくせ毛を少なくするための生活習慣をご紹介します。

1. 髪によい栄養分をとりましょう

髪の毛は、ケラチンというタンパク質の一種で構成されています。
タンパク質は髪の毛の原料となる重要な栄養素。
このタンパク質が不足すると、髪が細くなり抜け毛などの症状が起こります。

そのため、植物性タンパク質を意識して摂取することが必要。
植物性タンパク質は、大豆に多く含まれるため、納豆などの大豆製品がおすすめですよ!

大豆

そしてビタミンE!
ビタミンEは、老化防止・生活習慣病を予防するともいわれています。
ビタミンEが多く含まれる食品には、うなぎ・アーモンド・ヘーゼルナッツがあります。

もう一つはDHA!
DHAは血液をサラサラにし、毛細血管の流れをスムーズにします。
この毛細血管を通じ個々の細胞に栄養を運ぶため、髪にも栄養が届きやすくなります。
アジ、さば、さんまなど、青い魚に良く含まれますのでそんなに摂取は難しくないですよね。

最近ではサプリメントもありますが、せっかくなら食を楽しむのもいいのではないでしょうか。

2. 睡眠をしっかりとる

睡眠は体調を整えるだけではなく、健康な髪が生えるためにはとても大切なことです。

一般的に、8時間睡眠が良いと言われていますが、実は大切なのは時間だけでなく就寝する時間帯が重要で、なかなか難しいかもしれないですが、よく聞くゴールデンタイム(22時から2時に成長ホルモンが分泌されやすい)22時には就寝することが理想です。

wpid-downloadfile-29.jpeg

睡眠は髪だけではなく肌にも良い影響を与えるので寝不足には気をつけましょうね。

3. 体を温める

くせ毛で悩んでいる方の多くが冷え性というデーターが出ているそうです。
湯船に使って体を温めるたり、運動で代謝を上げることも、くせ毛などのさまざまな毛質の改善・解決になりますよ。

読書をする女性

4. 寝る前に絶対に髪を乾かす

濡れた髪は摩擦が起こるとキューティクルが通常の乾いた髪の何倍も痛みやすくなります。
キューティクルが痛むと、くせ毛の広がりが目立つようになるので必ず乾かす習慣を身につけましょう。

ドライ

こうした生活習慣の変化が髪に変化を与えてくれるだけでなく、健康面でもプラスに働いてくれるはずなので意識してみると良いですよ☆


  • twitter
  • facebook

いいね!して
THROWの最新情報をチェックしよう!

WRITER

藤田 健太郎

Tree Hair Salon
藤田 健太郎

  • twitter
  • facebook
  • instagram

店舗名Tree Hair Salon

取扱カラーすべてのカラー

URL